壁紙 意外とおすすめ!きれいめカラー

こんにちは!あこです!

壁紙の色って、迷いませんか?

今回は、え?その色って結構いいんだ!っていう、おすすめカラーをご紹介します

参考にされて下さいね!

おススメはラベンダー色

え?紫?と、思われた方もいると思います。

春だからその色を勧めている、、、訳ではありませんよ!

 

アメブロにも以前書きましたが、

夏だと涼しい色を

冬だと温かみのある色を選びがちになるので、注意して欲しいのですが、

実は紫は、季節を問わない色なんです!

ラベンダーは中性色

ラベンダーは中性色といって、暖色でもなく、寒色でもない色です

ちなみにグリーンも、中性色です

アクセントクロスを選ぶ際に、必ずお客様に、暖色、寒色、中性色のお話をしています

寒色と暖色、温度差はなんと3℃!

色の体感温度は、寒色、暖色系の色を用いると、3℃も違うことが実験で分かっています

冬に、寒色系の色の部屋にいると、ー3℃、寒く感じるという事です!

反対に、夏に暖色系の部屋にいると、+3℃の体感温度に、、、

3℃って、結構大きいですよね!

迷ったら中性色がおすすめ

じゃあ、季節を問うのなら、寒色系、暖色系、どちらも選んではいけないのか?

という話になるのですが、それは違います。

例えば、ベッドヘッドで隠れてしまう寝室の1面だったら、

他のファブリック色(寝具の色)などで、全体の色味を調整出来ます。

なので、暖色系でも、寒色系でも、どちらでも良く、全体と調和する色、本当に好きな色を選んで欲しいと思います。

同じことが、リビングの1面などでも言えます

木目が多いと、温かみのある印象にもなるので、結局は、家具なども含めて、トータルで考えていくのがいいです!

 

ただ、家具があまり置けず、色味の調整が難しい場所

例えば

トイレ、洗面室など、、、

これらの場所には、迷っていたら、中性色をおすすめしています

 

トイレや洗面って、

廊下に面していることも多く、冬は寒く、夏は暑くないですか?

そこに、3℃の温度差も出てきてしまうと考えると、やっぱり中性色の方が安心しておススメ出来るんです

 

おススメ品番

個人的に、きれいだな、と思う色をセレクトしてみました

実はラベンダーと言っても幅が広く

奥はピンクよりのラベンダー

手前はブルーよりのラベンダーです

 

中性色も、例えばイエローも、色味によっては中性色だったりするので、

一概に、紫と緑、とは言えないんですけどね!

 

なみに、実物に色が近くなるこの角度から写真を撮っていますが、

実際にサンプルを見る際には、垂直に立てて見てくださいね!

天井に貼る際には、天井に貼って見るのが確実です

貼るお部屋の明るさにも左右されますから、なるべく同じ条件にしてみてくださいね!

 

参考にしていただけたら幸いです!

akiko maeda

一級建築士、インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザーです。間取りとインテリアと収納のトータル提案で、「楽で素敵な暮らし」を叶えます。

経歴

2000年4月~2004年3月
早稲田大学理工学部建築学科

2004年4月~2010年10月
旭化成ホームズ株式会社にて、一戸建ての注文住宅の設計、外構提案などを担当
最後まで担当したのは120棟程
プランニング数はその数倍
使いやすい素敵な間取りを、スピーディーに提案する訓練を重ねる

2010年11月~2018年3月
千葉のインテリアショップ ティンバーヤードにて、
一戸建て注文住宅やリノベーションの設計、インテリアコーディネート、オーダー家具、オーダーキッチンを担当
担当した物件の契約率は、2017年度まで100%

インテリアも考慮された、きめ細やかな提案を評価して下さるお客様に恵まれ、1棟1棟を大切につくりあげてきました。

akiko maedaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました