私のリノベーションへのこだわり【美人をつくるように】

こんにちは!あこです

今日は、私のリノベーションへのこだわりのひとつをご紹介します!

それは、「空間のバランス」

ToKoSieさんにご紹介していただいた時の記事にも書いて頂いたのですが、

どうしても残ってしまう



ダクト

これを、どうやったらバランスよく、きれいに見せられるか

というのをすごく考えています

我が家には梁はなかったのですが、大きな柱が真ん中にドン!とありました

悪目立ちしないように、わざと梁を、大工さんに作ってもらっています


テレビの上が、間延びせず、さびしくならない効果もあります

玄関も同じ

また、キッチンのレンジフードのダクト

これも、何も考えずに最短経路でいくのではなく、少し迂回させて天井面がきれいに見えるようにしました

どうしても下がってしまう部分は、食器棚とバランスをとって、不自然に見えないように

下げなくてもよい部分も下げて、きれいにラインがそろうようにしました

今着工中の物件も、

上げたかった天井部分にダクトが走っていたのですが

不自然に見えないように、ラインを合わせてゲート状に

廊下の途中から急に出てくるダクトも、

自然に見えるように天井全体を下げて、
隣の壁とつながるようにしてもらう予定です

途中からこんな風に見えてきたら、嫌ですよね

こちらの物件も、梁と壁の位置を合わせています

こちらの物件もそう

扉の高さも、天井高に合わせるのか

食器棚の高さに合わせるのか

 

など、バランスを見ながら

 

お施主様が、どんな空間が好きそうか?という好みの部分も探って決めています

 

インテリアは、そろっているところと、そろっていないところのバランスが大事

という記事を、LIMIAさんにて書かせて頂いています
収納のごちゃごちゃを解決!【インテリアのテクニック】

この記事を簡単にまとめると、

白い収納用品などでそろっている部分を増やすとすっきりと見え、

 

そろっていない部分が多すぎていると、ごちゃごちゃして見える、、、

 

という内容なんですが、これは、収納部分のごちゃごちゃだけでなく、

 

家全体にも言えることなんです

 

生活用品が空間に入ると、

 

「そろっていない部分」の方が圧倒的に増えるので、ごちゃっと見えてしまいます

 

そろっていないものを入れる家という空間は、均整がとれていることが大切なんです

 

「そろっている部分をつくる」「バランスの良い空間」を、目指しています!

 

空間自体がきれいだと、インテリアアイテムを沢山置かなくてもサマになるんですよね!

 

スタイルの良い人が、何を着てもサマになるのと一緒

 

美人な人が、お化粧とか、何もしなくてもきれいなのと一緒

 

スタイルの良い、美人をつくるように、空間を整えていくことを心掛けています♪

akiko maeda

一級建築士、インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザーです。間取りとインテリアと収納のトータル提案で、「楽で素敵な暮らし」を叶えます。

akiko maedaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました