リノベーションの後悔ポイント【エアコンのコンセント位置】

こんばんは!あこです

今日は、リノベーションの後悔ポイントについて!

住み始めてからよく聞く、「コンセントにまつわる後悔」

これ、我が家も、「エアコンのコンセント位置」については反省点が多い!

 

コードが伸びて、結構目立つんです~

エアコンの隣にコンセントを持ってくればよかった!

エアコンのスリーブ(配管穴)位置と、コンセントを横並びに付けてもらえば、目立たなかったなと思います。

 

エアコンのコンセントって、エアコンの下に付けるのが主流。

何も言わないと、下についてしまいます。

 

けどそれって、単なる慣習なんです!

エアコンの多機能化が進んで、

将来エアコンが横にも縦にも大きくなった場合、

というのを考えて、少しゆとりを持たせて、

エアコンの下の位置にコンセントを付けるのだ、という説もありますが、、、

 

「お掃除エアコン」という新機種が出た時も、配管は増えましたが、

コンセントに影響が出るほどまでにはエアコンの大きさに変化はありませんでした。

最近は、高さを抑えて前にせり出しているエアコンもありますが、これも、コンセントに影響はなさそう。

ので、見た目重視で!コンセントの位置を変えていいのではないでしょうか!

そこで今日は、

エアコンコンセントのベストな位置と注意点をお話します!

 

 

エアコンが平部の時は横に

エアコンが、平部(お部屋のコーナーではない)の時は、横に付けるのがベスト

平部なのに天井際に付けてしまうと、結構目立ちます

我が家の場合も平部です

こうすればよかった、、、

エアコンのスリーブ(配管穴)と同じ位置ぐらいにコンセントを設置しましょう!

▽これは縦向き(標準)のコンセントだけれど

コンセントは、横に付ける場合は横向きの方が、
プラグを挿した時にねじれないからスマート

そして、コンセントの左右に関してもよ~く考えて欲しい!

お部屋に居る時間が長い場所から見て、目立たない方へ設置してくださいね!

我が家の子供部屋は、左右も失敗しています、、、

コーナーの場合は天井か天際の壁へ

エアコンがお部屋のコーナーにある場合は、コンセントを一番目立ちにくく出来ます

天井に設置するか、天井から8センチぐらい下がった壁設置のどちらかで!

これ、設置が可能なら(躯体だと出来ないケースもある)どちらでもいいのですが、

天井の方が抜き差ししやすいかも

ただし!天井に白以外のクロスを選んでいたら、

白いコンセントが目立ってしまうので、壁際に設置した方がいいです

これは壁紙がグレー!
天井につけて大正解ですね!

 

せっかくエアコンがコーナーについていて、

コンセントも上に付けたのに、

左右を間違ってしまうと逆効果

上にコードが延びているのが丸見えに、、、

そして、コンセントの向き。これも縦ではなく、横向きの方が目立ちません

 

そもそも、壁にアクセントクロスを選んでいる箇所にエアコンが来るときは要注意

せっかく選んだアクセントクロス(色のついた壁紙)の位置にエアコンが来る場合は、

エアコンが悪目立ちしてしまうので、せめてコンセントだけでも違う位置に付けて欲しい!

我が家は、アクセントクロスの場所に将来エアコンを設置するかもしれません

コンセントは、色のついた壁紙部分を外して、対角の壁の位置につけましたが、

天井際に付ければさらにコードが目立たなかったな、と後悔しています
(天井なら、目線にあまり入らないので!)

 

エアコンのスリーブ(配管穴)の位置は変えられない。せめてコンセントには配慮を

マンションの場合は、エアコンのスリーブの位置がすでに決まっていて、

この穴の位置を移動することは出来ません

スリーブの位置がちょうどよければ、

▽こんな風に長い配管が見えなくていいのですけど

この穴の位置は、もう、どうしようもないのです、、、、

なので、変えられるコンセントの位置だけでも配慮していきたいですね!

以上、エアコンのコンセント位置の注意点でした!

akiko maeda

一級建築士、インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザーです。間取りとインテリアと収納のトータル提案で、「楽で素敵な暮らし」を叶えます。

akiko maedaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました