mail magazine

リノベーションに役立つ
10日間メールプログラムを
期間限定で無料で公開します

旭化成ホームズ
Timberyardで注文住宅の設計に携わり
現在キャリア17年
独立して3年で30件
計150件以上の家づくりを経験した
プロが伝える

正しいリノベーションの知識と素敵な家づくりのためのノウハウです

今すぐ登録する

家づくりをはじめる方に
「リノベで叶える素敵な暮らし」
成功のための10の質問
無料ワークシートプレゼント中

 

こんなお悩みありませんか?

家を住み替えるか、リノベーションをするか悩んでいる
□リノベーションやリフォームをしたいが、どうやって進めていいか分からない
□自分達が希望するリフォームやリノベーションのイメージや想いが伝わるのか不安
□インテリアは好きだけれど、全体イメージとなると、想像が出来ない
□自宅やサロンのインテリアを素敵にしたいけれど、自分のセンスに自信がない
□素敵なリノベーションにしたいけれど、どの会社にお願いしていいか分からない
□もっと効率的で暮らしやすい間取りがあるはずだけど、自分達では思いつかない
□家で仕事をしていると、使いにくい部分や散らかっている部分が気になって集中出来ない 
□空間を素敵に新しくして、インスタやブログなどのSNSを始めてみたい
□いつか自分の名前で、自宅やサロンで仕事がしてみたい。
□いつも探し物をしていたり、なんだかんだと、予定時間をいつもオーバーする
□忙しくて、モノの整理は後回し。ずっと放置してきたモノたちが山積みされている
□休日は、家を片付けるのに精一杯で、プライベートの時間が持てていない。 
□あっという間に夕方になり、子供が帰って来ても夕飯が出来ていない自分に落ち込む
□家に帰って来て、ただでさえ疲れているのに、散らかった部屋を見てさらに疲れる 
□いつも探し物をしていたり、何度も家の中を往復している気がする。
□散らかっていて、家に人を呼ぶのに気合がいる。
誰かと同じインテリアにはしたくない。
□本当に正しく、有益な情報を得て、素敵な家にしたい。

 

アイエのリノベーションを体験して頂いた方の声を一部ご紹介します

 

【 T様 30代 】

以前は黙々と料理や洗い物をしていましたが、リビングダイニングに居る家族の顔が見えるようになったので、コミュニケーションが増えて、キッチンに立つ時間が楽しく感じられるようになりました。自分たちの言葉にできない好みの部分をくみ取って下さり、さらに自分では思いもつかなかった提案で、家がガラリと変わりました

Before

After

 

 【 K様 40代 】

以前は狭いLDKでいつもごちゃごちゃしていたのが、お気に入りのモノであふれた空間になり、自然ときれいをキープしようと思えるようになりました。今は寝る前がリセット時間。誰が来ても、すぐに家に上がってもらえる状態に。子供のお友達からも、すご~い!きれい!って言ってもらえる、自慢の家になりました。

Before

After

 

 

【 M様 30代 】

以前の賃貸は狭くて暗く、特に雨の日などの、外に出かけられない日は、親子共にすごくイライラしていたが、一戸建てのような広々とした快適な間取りにしてもらったおかげで、子供たちの笑顔も増え、放っておいても楽しく遊んでいて、「遊んであげなくちゃ」という負担が減りました。新しく買ったマンションが、間取りから何から何まで、全て希望通りになり、大満足です。

Before

After

【 M様 30代 】

家事動線もバッチリ考えていただき、来客時にも慌てて洗濯物を片付けなくてもよくなり、本当に楽になりました。お客様も玄関に入った瞬間から、「すご~い」「素敵!」と、毎回褒められます。素敵な空間のおかげで、毎日の暮らしのモチベーションがアップしました。

Before

After

【 Y様 30代 】 

以前は賃貸マンションに住んでいました。ダイニングテーブルからキッチンまでの動線が⾧く、モノを取りにいくのがとにかく面倒で、子供と一緒に座って食事をする時間もなかったのが、、、動きが最小限ですむ間取りに!ダイニング周りだけでなく、洗濯の動線も見直してもらったことで、家事がとても楽になりました。今では子供と一緒にゆっくり座って食事が出来ていますコロナの時期も快適に過ごせて、家族全員が、世界一の家!って言っています。 

Before

After

【 K様 40代】 

以前の狭い家では、個室が全く取れませんでした今回、広い家に引っ越して、自分の書斎もつくることが出来た結果、仕事がはかどり、モチベーションもアップしました。ずっと家に居ながらも、家族の時間がなんとなく大切に出来ていない気がしていたのが、仕事とのメリハリが付けられるようになり、家族の時間も大切に出来るようになったと感じています。

Before

After

【S様 40代】

新しい家を買ってのお引っ越しでした。以前の賃貸では、好きな家具を置いていたのに、なんだかまとまりがなく、落ち着かない部屋でした。今回、変えなくてもいいかな?と思っていた壁紙のご提案が気に入って変えたら、すごくおしゃれになったし、小物のコーディネートもして頂いたことで統一感が出て、一気にあか抜けました。同じ部屋とは思えません。プロにお任せして、本当に良かったです。そして、もっと早くやればよかった!と、思っています。子供部屋の改装も、また来年お願いしたいです。

Before

After

リノベーションに役立つ
10日間メールプログラムを
期間限定で無料で公開します

旭化成ホームズ
Timberyardで注文住宅の設計に携わり
現在キャリア17年
独立して3年で30件
計150件以上の家づくりを経験した
プロが伝える

正しいリノベーションの知識と素敵な家づくりのためのノウハウです

今すぐ登録する

「家を新しくすることで、私と人生が変わっていきました」

改めまして、大塚彬子です。 

私は一級建築士、インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザーという収納の資格を持ち、

リノベーションをメインに活動をしています。

早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、

旭化成ホームズの「へーベルハウス」千葉エリア初の女性設計士として、

注文住宅の設計に6年半従事した後、同じく千葉のインテリアショップ、

「Timberyard」の住宅部門において、設計とインテリアコーディネート業務に7年半専念しました。

設計業は接客業でもあるので、土日祝日も仕事。

かなり残業も多い仕事でしたが、家づくりが大好きで、この仕事を諦めたくなくて頑張ってきました。 

 

やがて結婚して出産した後も、第一線の設計として仕事を続けたかったので、

土日祝日も預かってくれる保育所のある、幕張ベイタウンという街に移り住みました。

幕張ベイタウンはマンションが立ち並ぶ街ですが、電柱や標識も最低限に整備され、海外のようなきれいな街並み。

公園も多く、子育てがとてもしやすい環境です。

 

ここで私は、縁あって出会った築20年の中古マンションに出会いました。

建物のデザインを気に入り、購入して自分たちの好きなようにリノベーションをしたのです。

 

Before

After

その頃の私はというと、思うようにならない子育てにイライラ。 

「こんなに頑張っているのに!」 と、ほぼ毎日、感情的になって爆発していました。 

 

本当は怒りたくない・・・

優しいいいお母さんでいたい・・・

仕事と子育ての両立が上手くいかない・・・

悩むストレスでイライラを押さえきれない、

 

幼い頃、感情的になって怒る父を見て「こうはなるまい」と思ってきたのに、

かつての「父のように」感情のままに怒ってしまう

自分に自己嫌悪する日々でした。

 

一方、実際にリノベーションしてできあがった自宅は、

プロで実践をつんできた自分が、

間取りと収納、インテリアの全てを徹底してこだわり抜いて作ったにも関わらず

 

実際に生活してみたら、使いにくいところが沢山。

 

 

ーーーーー「一体、何が足りないのだろう?」

子育ての葛藤の中、自問自答しながら、

使いにくい空間を修正していきながら気付いたことは、

自分のこと、でした。

 

「整理できていないのは、自分自身」だったのです。

 

空間は人の内面の写し鏡といわれます。

 

私の場合は、

 

 結婚したら、よい妻でいなくちゃ。 

よい母でいなくちゃ。

 

幼い頃から、周りの大人たちの顔色を伺く癖があり、 

常に周囲の期待に答えるために行動する、努力する。

そのことをずっと繰り替えしているうちに

人生がいつの間にか、「誰かのため」になっていたのです。

 

「誰かのこと」ばかり考えていて、自分が置き去りに。

 

更には、本当に求める空間の心地よさも、わからなくなっていたのです。

 

それらが、空間ー収納、インテリアの違和感に現れていました。

 

そのことに気付き、これではいけない、、、

 

空間も落ち着かなければ、

子育ても必死で、、、

 

自分の心に対しても、もちろん、

お客様の求める空間にも気付いていなかったのではないか、

と思うようになりました。

 

それから決意して、

 

無意識に期待に答え続けてきた自分、我慢してきた自分の心に向き合い

居心地いい空間に変えることを通して、自分を変えていきました。

やがて、整えた「家」は、

私を助けてくれるようになり、毎日に余裕が持てるようになりました。

もしあのまま、自分の違和感を無視して、

建築士としてそれなりに整えられたリノベーション空間のままでいたら、

毎日がイライラしたまま、ネガティブなままだったことでしょう。

 

「家は人生を変える」

「家は人生の可能性を引き出すもの」

 

それが実現することを身をもって知ったのです。

 

間取り×収納×インテリアのトータルプランニング」を軸とした

「空間づくり」が人生を変える

 

雨の日と晴れの日では、行動が5分違う、という話はご存知でしょうか。 

晴れの日は気分が上がり、行動が加速する 

雨の日は気分が落ち込み、行動に移しにくくなる 

空間とは、無意識に人の意識や行動に影響を及ぼすものです。

 

日常でも仕事で15時間外出していたとしたら、残りの9時間は自宅です。

自宅で仕事をする人であれば24時間、その仕事場にいることになります。

 

9時間×365日×生涯年齢=自分のその空間で過ごす時間

となります。

それが、自分自身、パートナー、子どもたち、の意識や行動にどれくらい影響を与えているでしょうか?

実は、無理に色々と自分を変えたり、洋服で着飾ったり、何か新しい行動やチャレンジをしようとするよりも、

空間づくりに意識を向けた方が、

圧倒的に変化しやすくなるのです。

・お気に入りのもので囲まれること

・すっきり楽に片付く空間で過ごせること

・家事にストレスを感じないこと

このことにより、

・毎日の生活がワクワクして楽しい

だけでなく

・ありのままの自分で良いのだと、自分を認め、自信を付ける事が出来ます。

 

何か人生をステージアップさせたかったり、

第二の人生の準備のために、時代の変化に併せて、パートナーや家族を居心地よく、成長できる場をつくるために、

そのために必要なことは、実は、

「本当にあなたに寄り添った間取り×収納×インテリアのトータルプラン」だったのです。

 

 

最も自分が心地よいと感じる

間取り×収納×インテリアのトータルプランニングが、

自分の殻を破り、次のステージに私を押し上げてくれました

 

仕事・暮らし・人生・生き方における「空間づくり」と、

私がこれまで携わってきた「リノベーション」

その共通の解決策として、ベストだと感じたのが

私が10年間毎日考え続けていた

「インテリアも収納も間取りも、全てを一緒に考える、トータルプランニング」です

 

空間の設計ー幅・高さ・奥行、動線づくり、は、空間設計の土台であり、リノベーションの中核となるもの。

これは、どんな心地よい空間設計においても必須なことです。

 

そして、

リノベーションで良く聞く失敗例は、

 

1.住んでみたら、居心地が悪い。使い勝手が悪いと気付かなかった。

2.結局、散らかってしまい、いつまでも片付かない。

3.家具に統一感がない。使いにくい家具を買ってしまった。家具が大きすぎた。

4.買った家具と照明がなんだかアンバランス。梁や柱も目立って、自分の家が好きになれない。

5.小物や絵などのインテリアアイテムの選び方で失敗。どう頑張っても素敵な家にならない。

 

ということです。

これらの失敗例は、家づくり全体を見渡しながら進めるトータルプランニングでは、起こりえない事です。

 

私は、自分が一級建築士・インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザーという収納の資格を持ち、

家づくりから暮らしを整えるまでの、全てをコーディネートできる強みを活かして、

 

「ビジネスも、暮らしも、家族の憩いの場も全てが理想になる」

お客様が空間を変えるだけで、人生が開けていく、それを分かりやすくお伝えする方法を探し始めました。

 

ワンストップでできることを強みにリノベーションをご提案や発信をさせて頂くうちに、

間もなく、このようなことが次々と起こりました。

 

事例を見た方や口コミでのご依頼が絶えず、1年で10件以上のご依頼を頂けるように
インスタフォロワー2か月で1000人超え
ブログPV毎月6万人
ラジオ出演
家づくりの講師依頼が多数

 

これは私だけでなく、私と家づくりを一緒にして下さったお客様にも、年収が上がるなど、人生を好転させる出来事が次々とおこっています。

また、

私へのご依頼者様は、一度他社でリフォームを失敗していらっしゃる方が多いのにも関わらず、リフォーム・リノベーションは安心してお任せいただき、満足の声を沢山いただいています。

 

これは決して私に特別な才能があったから起こったことではありません。

 

「間取りとインテリア・収納と動線は一貫性があること」の重要性を理解していたからこそ、

自分の人生の半分をすごす「家」を、その人の人生や可能性を開くために必要な空間設計、

つまり、間取り、インテリア、収納、動線の核を見つけ、お客様に最適な形でご提案し、ワンストップでスムーズにご提供してきたから、ただそれだけなのです。

今回、私がお届けする

10日間メールプログラムの全体像です

1. 間違えないで!会社選びの前にやって欲しいこと
2. 実際どうなの?リノベーション、一戸建て、新築マンションを比較
3. みんな知ってる?リフォームとリノベーションの違い
4. 知らないと後から後悔する?!リノベーションで出来ること出来ないこと
5. 語りつくせない!リノベーションの魅力♪
6. 一体いくらかかるの?リノベーションのお金の話
7.伝えておきたい!打ち合わせ~着工まで
8. リノベーションの工事にまつわるお話
9. あなたにぴったりのリノベーション会社とは?
10.まとめ 成功するリノベーションのために

 

リノベーションに役立つ
10日間メールプログラムを
期間限定で無料で公開します

旭化成ホームズ
Timberyardで注文住宅の設計に携わり
現在キャリア17年
独立して3年で30件
計150件以上の家づくりを経験した
プロが伝える

正しいリノベーションの知識と素敵な家づくりのためのノウハウです

今すぐ登録する

 

この無料メールセミナーで得られること

・間取りやインテリア、収納に対する見方が変わる!
・家を住み替えるか、リノベーションをするか、メリットデメリットが分かる!
・リノベーションやリフォームの進め方が分かる!
・素敵なリノベーションにする場合、どの会社にお願いすればいいのか目途がつく
・もっと効率的で暮らしやすい間取りのヒントが学べる
・本当に正しく、有益な情報が得られる

 

Q&A

 

Q.なぜ今回無料で公開されたのですか?
A.ブログやインスタのお問合せから、リフォームやリノベーションをされる全国の方のお悩みをお聞きしていて、一番歯がゆかったのが、「専門知識がなく、業者さんに言われたことを鵜吞みにして悩み、希望の暮らしを諦めざるをえない方が多い」ということでした。
あまり親切でないリフォーム業者さんや、間取りの変更が得意でない業者さん、また、経験の浅い方が営業担当だと、出来ることも「出来ない」と答えられてしまうことも多く、リフォーム自体を諦めてしまう方、希望の仕様や間取りを諦めてしまう方がいらっしゃる現実を目の当たりにし、正確なリノベーションの専門知識とノウハウを広めていく必要があると感じました。このプログラムを通して、1人でも多くの方が、理想とする暮らしを手に入れられることを願っています。

Q.どんな方に向けて作られたメールプログラムですか?
A.リフォームやリノベーションを考えている方、今の家に住み続けるか?または引っ越すか?悩んでいる方には非常に有益な情報です。
また、新築の間取りで悩む方、インテリアや収納で悩んでいる方にもヒントとなる情報が沢山盛り込まれています。

Q.スマホからでも動画視聴は可能ですか?
A.はい!大丈夫です。登録後、1本ずつ解説とともに数日に分けて公開していきますので是非楽しみにしていてください。

Q.専門知識、難しくないですか?
A.誰にでも分かりやすいように、写真やスライド付きで解説しています。
今まで有料で行っていた講座の内容を一部公開している形なのですが、受講して下さった方々からは、「分かりやすい」と言っていただく事が多かったです。もし分からなければ、個別にご連絡を頂けましたら、お答えの出来る範囲でご対応致します。

Q.地元の工務店さんから、キッチンは動かせないと言われています。本当に動かせないのでしょうか?
A.私の無料動画を見て、少しでも動かせる可能性があると感じるのであれば、その工務店さんにお伝えしてみてください。
経験も誠意もある業者さんであれば、出来ない理由をしっかりと説明してくれるはずです。もし説明に納得が出来ない、誠意が伝わってこないようであれば、別の業者さんにお願いした方が良いと思います。

Q.間取りがどうやったら使いやすくなるのかが分かりません。動画を見たら、素人の私でも考えられますか?
A.どんな風に考えたら家事が楽な間取りになるのか、今回の動画プログラムでは、その考え方のコツも詳しく解説していますので、是非ご覧になってみてください。

Q.主人と私で、住まいに対する意見が合いません。どうやって家づくりを進めていったらいいでしょうか?
A.素敵な家に住んでも、ご夫婦の仲が悪ければ、本当に心地良く暮らしていけないと思うので、出来れば仲良く進めていきたいですよね。
お互いの意見がどうしても衝突してしまう時は、譲れないところと譲れるところをしっかり分けて、優しい気持ちで話し合うことが大切です。
優しい気持ちでいるためには、余裕が大切です。自分の事を後回しにせず、忙しかったら少し休んだり、育児が辛かったら、誰かに愚痴を聞いてもらったり、キャパオーバーしないように、自分を大切にしてあげて下さいね。

Q.いつもどんなことを考えて、インテリアを提案していますか?
A.その方がその空間に座った時に、ぴったりと合うようなものを提案しています。お話をしていく中で、その方の好きなもの、求めているものが段々と分かってくるので、結果的に、「似合う」と「好き」の両方を大切にしたものとなっているのではないかと思います。

Q.優柔不断です。全然決められないのではないかと心配だし、センスに自信もありません。あこさんにお願いしたら、素敵な家になりますか?
A.決めるのが苦手な方も、好みのものやコンセプトが明確になれば、自然と決められるようになります。
初回、しっかりとヒアリングをさせて頂けたら、2~3パターン程ご提案して、選んで頂く形にしています。「どれにしますか?」ではなく、「これがいいですよ」とお伝えさせていただいているので、お任せ頂けたら、どんな方でも心配なく、素敵な家になります。

Q.収納がすごく苦手で、引っ越し後が心配です。引っ越し後は、どれぐらいで片付きますか?
A.リノベーションやリフォームが終わって、お引越しをされた後に、キッチンの収納を整えるお手伝いにお伺いしています。一緒にキッチンを整えていく過程で収納のコツが分かり、キッチン以外の場所に応用されて、ご自身で工夫が出来るようになる方も多いです。
また、間取りを考える段階で、どこに何を入れるのか、ある程度決めていくので、お引越し後は、今までのお引越しより随分と楽だと感じて下さるようです。お引越し後は1か月程で片付くご家庭が多いです。

Q.あこさんが家づくりをする上で、最も大切にしていることは何ですか?
A.常に、「自分の家だったらどうするか?」を考えています。もちろん好みや使い勝手の部分では、お客様になりきって想像するけれど、限られた予算の中で、どこを優先するか、本当にこれしか方法がないのか?など、お客様以上に、お客様の家の事を考えられる人でありたいと思っています。現場で色んな判断をしていかなくてはいけない時もそうです。自分の家で、こうなっていたら嫌だな、と思うことや方法は、絶対におススメしないし、選んだものの色味もずれがないように、なるべく大きなサンプルをとるか、実際にショールームに行って確認して、自信が持てるものをおススメするようにしています。

Q.家具やカーテンのコーディネート料や、収納のサポート代金も、設計料に含まれますか?
A.はい、リフォームやリノベーションの場合は、家具、カーテンのご提案、収納レイアウト、お引越し後の収納サポート(キッチン1回分)、設計料に全て含まれています。家具選びのショッピング同行は、3回目以降は追加料金を頂戴しています。

Q.あこさんにとって、リノベーションの面白さや良さってどんなところですか?
A. 何と言っても、同じ家なのに、同じ家と思えないぐらい、ガラッと変わるところです。
同じマンションに住む方が見学しに来たりすると、「こんなに変わるんですね~」と、皆さん、かなり驚かれます。新築と違って、内装にお金が掛けられるのも、リノベーションのいいところです。間取りを変えることで使い勝手もがらっと変わり、グンと使いやすくなります。
抜本的な住まいの改革が出来るところが、リノベーションの醍醐味だと思います。

Q.LDKのリフォームを考えていますが、引っ越さないと工事は出来ないものでしょうか?
A.キッチンを移動したり、床を貼り替えるのでしたら、お引越しをされた方が良いと思います。
お引越しをせずに、工事をすることも可能ですが、業者さんが家に出入りするので、どうしても家主様には家に居て頂く必要があります。
音がうるさかったり、粉塵が飛んできたりと、色々とストレスになるかと思います。
また、住みながらだと工期が⾧くなる傾向もあります。それでもどうしても、という場合には、ご相談下さい。

Q.あこさんに家づくりをお願いするとなると、工事はどこでやってもらえるのでしょうか?
A.千葉でリフォーム会社を創業して26年になる、株式会社グリーンランドさんのマンションリノベーション事業部、フリーズライフさんにて施工を行ってもらっています。
今までの経験から、施工がしっかりしていないとお客様に満足してもらえないのが分かっているので、施工してもらえるところは慎重に探しました。
独立して今まで3年間、ずっとフリーズライフさんにお世話になっています。監督さんも営業さんも親切で、親身になって相談に乗ってくれます。設備系の保証が、通常2年のところが7年と⾧いのも安心です。

Q.リフォームやリノベーション前提で、家探しから相談に乗ってもらいたいのですが、可能ですか?
A.はい、施工も行ってくれる、フリーズライフさんは不動産事業も行っているので、家探しからリノベーションまで、ローンの事も含め、ワンストップでお手伝い出来ます。私もリノベーション前提の家探しから始めたので、どんなところに気を付けたらいいのかアドバイス可能です。
特に、希望の間取りが出来るかどうかが大事なので、内覧の時には一緒にお伺いして、プロの目線からしっかりアドバイスさせて頂きます。

アイエ 一級建築士事務所
代表 大塚 彬子(オオツカ アキコ)
1981年秋田県生まれ
早稲田大学理工学部建築学科卒業後、旭化成ホームズ(株)入社。
注文住宅の設計に6年半従事した後、結婚を機に、千葉のインテリアショップ「Timberyard」にて、注文住宅の設計とインテリアコーディネートに携わる。

卒業論文では、最優秀賞を受賞。旭化成ホームズでは、収納が課題であったお客様に対して真摯に向き合ったことが評価され、社内コンペで新人賞を受賞。
お客様の声を非常に大事にする風土の中、膨大な量のアンケートをもとに、間取りと収納について考える「収納向上委員会」というものに属し、間取りと収納ノウハウを蓄積。
インテリアデザインについても知識や経験を積んでいく中で、全てのデザインは、「形と色(素材)」で印象が決まることを体感していく。

「形」を仕事とする設計と「色や素材」を決めるコーディネーターが、それぞれに分かれてお客様とお打ち合わせをする分業に違和感と不自由さを覚え、設計からコーディネートまで一貫して家づくりを担当出来る、インテリアショップ「Timberyard」に転職をする。
形と色、素材を同時並行で考え、デザインをしていく、という訓練を積む。オーダーキッチン、オーダー洗面など、造作家具にも精通。

プライベートでは、2度の出産を経験。自分の思い通りにならない育児を経験し、どうしようも出来ないイライラと、感情的になってしまう自分を責め、深く悩むが、自宅をリノベーションしたのをきっかけに、素敵な家に相応しい自分であるために、本気で変わっていきたいと思うように。変えられるのは「自分と環境」ということにその頃ようやく気付く。

自宅は、間取りと収納、インテリアの全てをこだわり抜いて作ったつもりだったが、実際に生活をしてみると、まだまだ使いにくいと感じるところが。今まで気づかなかった、暮らしの小さなストレスや我慢に気づいてあげること。自分にとって、本当に心地よいインテリアに変えていくこと。家という外側の環境を整えていくことで、徐々に、気持ちにも余裕が持てるように。

時間にも余裕が出来てきた頃、SNSで発信を開始。フォロワーが増えていったこと、メディアの取材も増えていったことで自信がつき、2018年独立。

きめ細やかな提案とサービス、様々な角度から問題を次々に解決していく頼もしさが評判を呼び、仕事の依頼が絶えない。
独立して3年で手掛けた物件は30件に及び、住宅の仕事を始めて17年、トータルで携わった家づくりは150件以上。

家という環境が変われば、自分に自信が持てるように。多くの方に、自分の可能性を信じて、自信を持って行動して欲しい。そのための環境づくりを、間取り、収納、インテリアの力で、トータルでサポートしている。

メルマガに登録して無料でワークシートをダウンロードする

 

■ご登録後、ご本人の確認が取れるまで正式な登録は完了しません
ご登録したメールアドレス宛に確認メールが送信されますので、そちらのご確認を忘れずにして下さいね
■携帯メールアドレスをご利用の方
docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識される場合があります。
以下ドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@reservestock.jp
■PCメールアドレスをご利用の方
お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。(特にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました