organizeworks01-1

レストランオーガナイズ

チョークアートに思わず魅入ってしまう 素敵なレストラン

 

洗い出した、12個のストレスを解決していきました

キッチンを使うには、このスチールラックの移動が必須

そして、道具を適材適所に持ってくるには、棚が必要

ということで、

棚の設置を提案

これにより、キッチンが以前より使いやすく、道具も取りやすくなりました

コンロ側にはワイヤーを設置し、レードルや菜箸をとりやすく

 

棚の設置で不要になったスチールラックは、棚のない作業カウンター側へ設置

作業カウンター側からも使えて

配膳側からも使えるように

最大で6人分の配膳が出来るようにしました

 

サイドはお客様側から見えないよう、黒板ボードを取り付けています

奥にいるのは、今回お手伝いしてくれたともこちゃん

ものすごく気が付く!助かりました!

ともこちゃんの脚のうしろにあるのは、3000本のお箸

見えるようにしておきました

 

before

問題の多かった このスペースは

デスクからラックを下ろして、見た目を整え

 

after

トレイを下げるスペースは手前に設け、近くにゴミ箱をおきました

ゴミ箱は動かさなくても開く&ストックの椅子がおさまるように棚位置を変更しました

 

ストックに関しては、取り出しやすいように、1アイテム1ボックス

引き出したときに、ストックの有無が見えるようにしました

高さも最大限に有効活用

 

 

 

丸2日間のオーガナイズでしたが、

1日目が終わったこの状態から

2日目は取り出しやすくレイアウトを変え

 

コーヒーカップに関しては、4種類ほどあったので

カップとソーサーの違いを、ラベルに記載

バスケットの中も、ブックエンドで仕切って(耐震マットで固定しています)

取り出しやすくしました

 

ご依頼を頂いたレストランは、場所にまだ余裕があるのでいいのですが

 

これからレストランを始める方で、店舗スペースが限られている場合は、

コーヒーカップやその他マグカップは、スタッキング出来てかさばらないものがいいと思います

必要なスペースが全然違ってきますよ

 

 

 

 

雪崩が起きそうだった冷凍庫

 

奥行きが深く、奥のものが取り出しにくかったので、トレイを設け、引き出す形に

かつ、棚板を追加し、高さを最大限に活用できるようにしました

 

お皿に乗せた状態で入れると、重ねて収納出来なくなり、かさばるので、タッパーに入れるか、ラップで包むかを指導させて頂きました

タッパーに、蓋ではなく、ラップをかけていて重ねられない状態も気になりました

 

これからレストランを始められる方は、タッパーは、同じ種類のものを揃えられるのをお勧めします

定型の形が決まっていれば、冷蔵庫の棚位置も決めやすく、個々に蓋を探さなくて済むので楽です

 

ちなみに、冷凍庫の容量が足りないからと、新たに1台買いたそうかという相談をオーナー様から頂いていましたが

使い方の問題と、棚不足が原因と考え、購入を見送って頂きました

 

少し辛口になりますが、

物を入れる器(この場合は冷蔵庫)を増やしても、店舗のスペースが狭くなり、導入コストと電気代がかかるだけで、良いことはありません

また、使い方を改善しなければ、結局また足りない状況に陥ります

これは家庭でも同じこと

 

けれど、複数のスタッフがいるレストランでは

例えば、ご飯の冷凍の仕方ひとつとっても、ルール化しないとごちゃごちゃ化の速度が、家庭よりずっと早くなります

個人経営のレストランほど、このルール決め、仕組化が必要だと感じました

 

 

 

バックヤードは

before

 

after

ものを全て出して整理

ストックもスリム化出来ました

 

 

ちなみに、お店のものを全部出し切った状態はこちら

ジャンル別に分け、分類していきました

 

 

バックヤードの続きです

突っ張り棒を使って、使える場所はすべて使えるように

掃除機は引っかけて

パーツにマグネットをつけて、ラックにくっつくようにしました

 

使うものを、適材適所に

先ほど同様、マグネットを使用

このちょっとした工夫が、作業スピードに直結!

ノンストレスな状態を生み出すと思っています

 

 

レストランも、家庭のキッチンの延長

冷蔵庫も、家庭の冷蔵庫の延長

結局、おさえるポイントは変わらないけれど、結構ボリューミーだったレストランオーガナイズ

丸2日かかりましたが、目に見える変化が面白く、学んだことは数知れず

 

ご依頼いただいたオーナー様、ありがとうございました!