renovationstory02

Renovation Story 02

「集う家」

いつも家に人が集まる

フレンドリーで、人を惹きつける魅力にあふれたY様ご夫婦と

サッカー大好き!いつもボールを蹴っている

可愛い息子さん2人の4人家族のリノベーションストーリー

2018年4月

フリーになりたての私に声を掛けて下さった最初のお客様

私が直接、設計出来たら良かったのですが、私の自宅からお客様のところまでは往復4時間の距離

今回は、施工店さん選びから、間取り、インテリア、収納、と、トータルでリノベーションのコンサルティングをさせていただくこととなりましたY様が使われたサービスは、リノベーショントータル提案とコンサルティングです)

Y様が住んでいたのは、3LDKのマンション

リノベーションを前提に購入した中古物件は一戸建て

木貼りの壁、天井など、ログハウスのような内装でした

 

 

まずは看(み)るところからスタート

リノベーションでおさえるポイントは、以下の3つだと考えています

.今までの住まいの使いにくいところを、いかに改善出来るか

.今までの住まいの気に入っている点を、より良く反映出来るか

3.今までの家になかった、自分達の理想や夢を、どれぐらい取り入れられるか

 

1や2に関しては、地味だけれど、住み始めてからの快適さ、使いやすさに直結するところ

3の理想が、1を改善するためのものであることもあります

 

今お住まいの家を看(み)ることは、とても大切です

 

Y様のリノベーションは、まず、看ることからスタート!

 

 

1.改善したいところ

Y様が不便に感じていたところは、主に次の3点でした

①リビングダイニングに、常にものが出ていて、すっきりしない

お友達を呼ぶのが好きだけれど、呼ぶときは北側の部屋に一時的にものを非難させ、すっきりしているように見せかけている

「きれいだね」と、言われるけれど、一時的で、いつもは全然きれいじゃない

 

②ダイニングテーブルに座った後、冷蔵庫までものを取りにいくのが面倒

お子さんがまだ小さいため、○○とって!と、言われることが多い

距離は遠くないのに、なぜか、冷蔵庫に向かうのが億劫

 

③キッチンにものが入りきらずごちゃごちゃ

廊下の収納を、一部キッチン収納として使っているけれど、管理出来ていない

賞味期限をよく切らしてしまう

 

 

気に入っていたのは

Y様が、今のお住まいで気に入ってらっしゃったのは

 

大きなサッシと、広めのバルコニー

そして、マンションならではの、全てがワンフロアの快適さでした

 

3.  リノベ後の住まいで、叶えたいこと

「家呑みが楽しめる家」にしたい

 

このテーマに関しては、最初からすんなり出てこなかったのですが、

コンサルティングを通して、ご主人が切実に心配していることが明らかになり、

それがテーマとなりました

 

奥様は、お酒を飲むのが大好き

一度、飲みすぎ(疲れもあって?)で、駅のホームで倒れたことがあるそう

お酒を飲まないご主人は、それから、飲み会後の奥様の帰りを、とても心配しているそうで、、、

外で呑まずに、家で呑んでほしい!

切実な願いでありました。

 

長くなったので、2回に分けます

続きはこちら