renovationstory03

Renovation Story 03

ママ達の笑顔のために

子育て中で、頻繁に美容室に通えないママ達のために、

子連れで通える美容室を開業したいと

一戸建てを美容室に改装する前提で、

free’s lifeの河野さんと、中古の物件探しからスタートしたI様ご夫婦

 

 

ご夫婦ともに美容師さんで、

まだ小さい、女の子のお子さんが2人いらっしゃいます

無事に物件が決まり、

私も含め、打ち合わせがスタートしたのは

昨年、2018年の11月

ちょうど奥様の育児休業中でした

 

 

来ていただいたお客様にくつろいでいただけるようにと、

頂いた最初のご要望は、美容室に「解放感」を出すことでした

天井を抜き、高さを出すことで、限られた空間に解放感を出しました


また、カラー材を作るバックヤードなどは見えない位置にまとめ、

 

お客様が他に気をとらわれず、

 

ご自身のみに集中して頂けるレイアウトとしています

 

内装は、スタイリッシュな中にも、

 

優しい雰囲気を感じてもらいたい、というご要望から

 

床はモルタル、壁の塗装も、無機質なグレーをセレクト

 

ブラックのライティングレールで全体を引き締めながらも


木目を残した塗装の梁

 

オークの扉材

 

繊細な真鍮の照明などで、柔らかさを演出しています

 

奥様の、おしゃれで可愛らしい雰囲気とリンクします

 

また、I様が大切にされていたのが、

「お客様とのつながり」

これから出会うお客様とも、

きっと家族ぐるみのおつきあいになるだろうと、

美容室と居室部分との間には、しっかりと壁を設けず、

全面アクリルパネル張りの扉で、美容室とつながるようにしています


透明なパネルが、居室と美容室、両方の「解放感」にもつながっています

 

 

I様は、以前は広い賃貸に住まわれていました

28坪弱の物件の、

約5坪を美容室として、

残りの約23坪が、居住スペース

収納も含めて、全体的にコンパクトな住まいへの転居です

特にキッチンに関しては

 

I様自身も、

 

ものが全て納まるかどうか心配

 

第一、どうやっておさめたらいいのか分からない

 

とのことで、

 

引っ越し後も食器の入った段ボールなどが未開封のまま、

 

1週間、最低限の物で生活されている状況の中、

 

オーガナイズにお伺いし、

 

奥様の身長や使い勝手を考え、

 

細かいものも、収めさせていただきました

 

美容室が本格的にOPENしたのは今年、2019年の8月

私もこちらの美容院に通わせて頂いています

 

 

私、子供がもっと小さかった頃は、全く余裕がなくて、、、

少しでも髪にかける時間を減らそうと

ベリーショートに黒髪でした

 

 

あの頃、近所にこんな美容室があったら、、、

子供が小さくても、もっとおしゃれを楽しめたかな

1席だけだから、気兼ねなく話が出来て、

 

日々のちょっとした悩みを、思わずポロっと話してしまうこともあります

 

子供が小さいと、ママも未熟

 

不安になることが沢山あります

 

そんな時、ここで髪を切りながら、同じママに話を聞いてもらえたら

 

聞いてもらえるだけで、安心するだろうな

 

私も、自分があの時大変だったから、

 

小さい子供を持つママを、

 

少しでも楽に、笑顔にしたいと思って活動をしています

 

I様も、同じ想い

オーナーは奥様お1人ですが、


ご主人がホームページやチラシなどを積極的に担当して下さっていて

 

ご夫婦や、家族のつながりの強さも感じられる、あたたかい美容室です

I様ご家族と、想いが込められた、この美容室に携わることが出来て幸せです

 

美容室は、四街道にあります

 

ぜひ行ってみて下さい

 

千葉・四街道の子連れでいける一軒家美容室CHII

 

Photo by  free’s life Katsuya Ono

タイトルとURLをコピーしました